OS-260抵抗デケードボックス/ RTDシミュレータ

  • 革新的なオームSOURCEマイクロプロセッサ制御抵抗デカードボックスはこれまでに見たことのないものです!
  • 2つの費用対効果の高いモデルが利用可能
  • 精度は0.01%で、分解能は0.01Ωです。
  • 理想的なRTDキャリブレータとして構築
Priced at
$1,235.00

マイクロプロセッサで制御され、革新的な機能を搭載したohmSOURCE Programmable Resistance Decade Boxは、直感的でユーザーフレンドリーな方法で高精度で正確な抵抗値を提供します。ハンドヘルドのohmSOURCEデケードボックスは、自動車、医療、テスト、計測、電気通信などあらゆる産業に実用的です。抵抗値範囲は最大24MΩ、定格電力は最大1Wです。

機能と利点

キーパッドインターフェイス電卓スタイルのキーパッドを使用して抵抗値を入力します。

クイックバリューキー:頻繁に使用される抵抗値をワンタッチで最大4つまで保存/呼び戻すことができます。ユーザー定義可能。頻繁に使用される4つの抵抗値をワンタッチで呼び出すことができます。

メモリキー :抵抗値を最大10個の追加メモリ位置(0〜9)に格納します。

変換テーブル (オプションのRS-232インタフェース接続が必要です。部品番号OS-91.001)最大4つの数値表により、ユニットから抵抗値への変換が可能です。各テーブルには最大255のエントリが格納されます。各エントリには、値と関連する抵抗値が含まれています。あなたのエントリーはどんなタイプのカーブを表しています。 RTD、サーミスタ、熱電対、ひずみゲージ

電流リミッタデカッド・ボックスを通過する電流量を制限して、損傷を防止します。

オープンキー:便利なことに、100%は、キーを押すだけで、アプリケーションからohmSOURCEを機械的に隔離します。

インクリメント値の設定ユーザー定義のインクリメントによる抵抗の変更または標準抵抗値の選択(1%、5%、10%)

自動残留抵抗を排除 - OS-260の残留抵抗は出力抵抗値に自動的に因数分解されます

センサシミュレーションのデュアルディスプレイ動作は、貴重なセンサと抵抗の測定単位を同時にグラフィック画面に表示すると、プラチナ抵抗温度デバイス(RTD、PRTD)、負の温度係数(NTC )サーミスタ、導電率、ひずみゲージ、ポテンショメトリックセンサ(位置、レベル)

OSシリーズの基本仕様

OS-260  
OS-270  
範囲 
≈1Ω〜24MΩ  
≈1Ω〜1.5MΩ  
解決 
0.1Ω  
0.01Ω  
精度(ゼロ減算は不要)
±0.5Ω、1kΩ以上、±0.1%未満、1kΩ以上
1kΩ以上で±0.01Ω以下、1kΩ以上では±0.1Ω以下
電力定格 
1.0 W  
1.0 W  
電源 
単3アルカリ乾電池4本 
単3アルカリ乾電池4本 
物理的
7.68×4×1.75インチ:1.1ポンド
7.68×4×1.75インチ:1.1ポンド